手足含めた全身脱毛の体験談

 

元々、全体的に体毛が濃いのが悩みで、カミソリによる自己処理を始めたのは小学校高学年の時でした。

 

顔(口周りなど)や腕や脚は男性並みに濃い毛がすぐに生えてくるので、夏などは毎日剃らなければならず、肌も荒れますし、面倒だし、とにかくストレスでした。

 

そこで、バイトでお金がある程度貯まった専門学生時代に、意を決してミュゼプラチナムさんを訪れました。

 

ミュゼプラチナムさんを選んだ理由は、検索して1番最初に出てきたことと、学校と距離が近いところに数件店舗があったからという理由です。

 

カウンセリングを受け、脱毛したい箇所が多かったので(手足全範囲とお腹とVIOなど)、全身脱毛のコースに申し込み、全部で4〜5回通いました。

 

 

 

手足の甲や指毛、どうやって脱毛するのがベスト?一番おすすめの脱毛法とは。

私が通っていた当時にはなりますが、まず予約の取り辛さが異常でした。

 

池袋の店舗ということで混雑もあったかもしれませんが、半年先からしか予約が取れず、間近になって日程が合わなくなろうものならまた数ヶ月先に…といった状況で、ならば今回は別店舗でということも出来ず、これが通わなくなった大きな理由です。
従業員指導は行き届いており、接客対応は丁寧でしたし、帰りにはエレベーターのドアが閉まり切るまで頭を下げてお見送りしてくれる等もしっかりしていました。

 

脱毛の効果は、可もなく不可もなしです。

 

そこそこ効果はあったように感じますが、後々明らかな施術漏れが目立つようになり、回を重ねるとぞんざいに扱われるのかな?と感じた部分もあります。

 

勧誘に関しては、こういったサロンとしては平均的だと思います。

 

しつこくはなかったです。

 

ただ、全額返金制度を売りにしていますが、返金の相談に行った際の長時間の説得は凄かったです。

 

通わなくなりましたが、そう行った経緯もあり返金は諦めました。

 

他サロンの口コミ

 

私は物心ついた頃から体毛が人より濃いと思っており、中学に上がってからは腕や足などは剃って処理していました。

 

手の届かない場所もありますし、剃っても毛穴が目立ってしまうため、10代の頃から脱毛に興味がありました。

 

TBCを選んだきっかけは、両脇の脱毛お試し500円というキャンペーンです。

 

様々な雑誌のカラーページに載っており、よく目にとまりました。

 

ワンコイン500円は安いですし、全国的に有名でしたので、迷わずTBCに決めました。

 

脱毛すれば、むだ毛を処理する時間や手間もなくなり、また肌が荒れることもなくなると思うと、とても嬉しい気持ちになりました。

 

また、汗や脇の臭いが軽減されるのではという期待もありました。

 

はっきり言って脱毛の効果はなかったと思います。

 

お試しの際にはパチパチと当てていく光脱毛だったのにも関わらず、契約後に「あなたの毛根はまっすぐではない」と言われニードル脱毛に変更されました。

 

ニードル脱毛は毛穴に電流を流し、そののちに毛を引き抜く施術で、かなり痛みを伴いました。

 

TBCでは1回の施術がいくらという固定料金ではなく、施術に何分かかったかで料金が決められていました。

 

ニードル脱毛は時間がかかり、かなりのお金を使ったと記憶しています。

 

また、施術したあとに肌を冷やすローションやパック、美容器も買わなければいけませんでした。

 

施術とは関係のない、美容ドリンクや美容クリームなども施術に行くたびにおすすめされ、断りきれずに買ってしまいました。